株式会社トキワ薬品化工は、東京・神奈川を中心に関東エリアの医療系廃棄物回収を通じて「地球環境保全と資源の有効利用」に取組むISO14001認証企業です。

医療関連機関から排出される廃棄物

医療関連機関から排出される廃棄物とは、廃棄物処理法によって定義されている、血液が付着したガーゼや注射針等、医療機関から生じ、人から人へ感染する恐れのある病原体が含まれる(若しくは含まれる可能性がある)廃棄物の事です。
弊社では、廃棄物排出後の状況がわかる追跡システム(トレーサビリティ)を採用し、排出事業者の方が安心できるように努めています。
医療関連機関とは具体的に、病院や診療所、衛生検査所、助産所、保健所、介護老人施設、血液センター、動物病院や試験研究機関のことです。

事業例

  • メディカルペール
    メディカルペール
  • 医療廃棄物用ダンボール
    感染性段ボール
  • エポメイト
    針ボックス
  • メディカルペール(スタンド)
    メディカルペール(スタンド)
  • 追跡システム(トレーサビリティ)
    追跡システム(トレーサビリティ)
  • 運搬
    運搬

医療廃棄物の取り扱い

多種多様化する医療廃棄物(医療機関から発生する全ての廃棄物)に対応し感染性廃棄物を含む医療廃棄物の安全処理のため、収集・運搬・中間処理・最終処分をトータル管理システムとして、医療現場への貢献を目指しております。
大規模病院から小規模診療所など、様々な規模の医療機関に対応することが可能です。
また、回収作業に従事する者は、医療廃棄物及び、運搬業務に関する充分な教育の元、コンプライアンス及び安全安心を最優先とした業務を遂行して参ります。

感染性廃棄物個別追跡管理システム

感染性廃棄物個別追跡管理システムとは、感染性廃棄物が確実に処理施設に運搬されて、処理されたことを確認するため、感染性廃棄物を容器ごとに追跡できるシステムのことです。
導入する前は、感染性廃棄物の処理がひとつひとつ確実に行われたことを確認することができませんでした。
そのため、運搬や処理ミス、不正処理や不法投棄が行われてもわからない可能性があったのです。
それを解消したのが感染性廃棄物個別追跡管理システムなのです。

追跡管理システムワークフロー

追跡管理システムワークフロー

感染性廃棄物ワークフロー

感染性廃棄物ワークフロー

お電話での問い合わせはこちら