株式会社トキワ薬品化工は、東京・神奈川を中心に関東エリアの医療系廃棄物回収を通じて「地球環境保全と資源の有効利用」に取組むISO14001認証企業です。

トキワの森通信7号

日頃より、当社の業務推進において、ご愛顧、ご指導、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。さてご承知の通り、今年は年が明けて早々より、
新型コロナウイルスの発生・拡大で、全国的な騒ぎになっております。当社本社を構える「横浜市」でも、「クルーズ船ダイヤモンドプリンセス号」の
停泊を受けて大きな影響を受けております。同時に、当社のお客様である医療機関の皆様におかれましても、季節性のインフルエンザとともに、
対応に追われ大変なご苦労をされていることと業務を通じて感じております。国民の健康を担う医療機関の皆様には感謝に堪えません。その中
、日頃あまり大きく扱われない感染性廃棄物ではありますが、排出管理・運搬管理・処理管理といった面で、国・行政・自治体・民間処理業者
の間で、情報の正確性・対応についての明確化などの面で意思の統一が上手く行われず、各々の発信により医療機関の皆様には混乱やご迷
惑をお掛けしたことと存じます。廃棄物を所管する環境省では「環境再生・資源循環局長通知」で都道府県知事等に対し1月22日及び同月
30日付けで、安全かつ安定的に廃棄物の適正処理が行われるよう指導監督を始め必要な措置の実施とともに、廃棄物処理業者や医療機
関等への周知徹底を求めました。厚生労働省は1月31日付「医政局総務課事務連絡」により都道府県等衛生主管部局に対し、医療施設
等の職員が新型コロナウイルス感染症について正しい認識を持つともに基本的な感染症対策を含めた共通理解を深めるよう努めることを求めて
います。これらの通知において、廃棄物処理については「廃棄物処理法に基づく感染性廃棄物処理マニュアル」及び「廃棄物処理における新型
インフルエンザ対策ガイドライン」に基づき感染性廃棄物を処理することとされておりますが、感染性廃棄物の適正処理についての具体的な事項
まで示されていなかった為混乱が生じたものと考えております。これらを受け、私が所属しております「公益社団法人神奈川県産業資源循環協
会」では神奈川県環境農政局長向けに、他の都道府県協会でも各監督行政局に向け、同時に「公益社団法人全国産業資源循環協会」
でも環境省に向け、「新型コロナウイルスによる感染性廃棄物への対応について」と題して、感染性廃棄物処理マニュアルの周知と共に感染性
廃棄物の処理委託・運搬又は処分する際の具体的な留意事項を文書で分かりやすく示す等の特段の配慮と、医療機関所管局等への情報
提供をお願いしました。これら全国の動きを受け、令和2年3月4日付けで、環境省より、「各都道府県知事・各政令市市長向け」に最新版の
発信があり、同時に4病院協会等への発信も行いました。現在、国に対して追加の要望も行っておりますが、現状ではある一定の方向性をもっ
て業務に当っております。まだまだ、終息が見えてはおりませんが、我々も医療機関等の皆様と共に社会に貢献できるよう努力してまいります。お
客様皆様の安全とご健康をお祈りし、引き続きのご愛顧・ご指導・ご協力をお願い申し上げます。

トキワの森通信7号
お電話での問い合わせはこちら